0%

Scroll Down

HELLO, WE ARE ONSENSHI! NICE TO MEET YOU!
HELLO, WE ARE ONSENSHI! NICE TO MEET YOU!
HELLO, WE ARE ONSENSHI! NICE TO MEET YOU!
HELLO, WE ARE ONSENSHI! NICE TO MEET YOU!
HELLO, WE ARE ONSENSHI! NICE TO MEET YOU!
HELLO, WE ARE ONSENSHI! NICE TO MEET YOU!
HELLO, WE ARE ONSENSHI! NICE TO MEET YOU!
HELLO, WE ARE ONSENSHI! NICE TO MEET YOU!
HELLO, WE ARE ONSENSHI! NICE TO MEET YOU!
HELLO, WE ARE ONSENSHI! NICE TO MEET YOU!

#あらすじ

日出る国の中心部には、古くから「湯の神」が鎮座していた。
湯の神は地上に出向いては湯を湧かし、傷ついたすべてのものに
あたたかい癒しの恵みを与えていたのである。
だが。
時が過ぎるにつれて人口が増え、湯の神ひとりではすべての人を
癒すことができなくなった。
湯の湧かない地が増えるにつれ、人々の心は冷えきり、傷つき、
立ち上がれないものも増えていくーー。
そこで湯の神は、自身を泉質ごとに分解し、
分身である泉士(せんし)を作った。
そう…彼らこそが、

「おんせんし」である。

湯の神は言った。

人を癒すのは簡単ではない。
歌い、踊り、音のエネルギーを呼び起こせ。
場を沸かし、湯を湧かす。
さすれば、冷え切った人々の心も再び沸きたつであろう。
さあ、ゆけ、おんせんし音泉士

おんせんしたちは、
この世の「たたかい」を
「あたたかい」に、
「くもり」を「ぬくもり」に
変えるべく、
今日も温泉地で音楽を紡ぐ。

smoke
smoke
smoke
smoke
smoke
smoke
smoke
smoke
smoke
smoke
smoke
smoke

さあ、YOU
わかしにいくよ

おんせんしとは

point

泉質アイドルユニット「おんせんし」は、
温泉の成分によってメンバー編成が変わります。
泉質アイドルユニット「おんせんし」は、
温泉の成分によって
メンバー編成が変わります。

FOR EXAMPLE

たとえば

ソロ

岐阜の
名湯・下呂なら